• みらい結婚コンシェル 田井和男

結婚するのに貯金っているの?と言う人がいたらどう思います?

質問です。

結婚する時に貯金はいくら必要か?

これ最近あまり深く考えていない方が多いように思います。

原因はおそらく、一人暮らしの人が増え、両親や祖父母との接点が薄くなってきたから、誰も教えてくれないんですよね。

女性もですが、男性にも貯金なしで結婚と言う人がいらっしゃいます。

結婚するのに必要なお金。

まずは指輪、結婚指輪ですね。

そして、婚式ですね。

今はうまくやればとんとんでできるようなサービスや仕組みもありますが、とはいえ、いくらかは必要でしょう。

結婚式をするために借金をするカップルや、ご両親に援助してもらってということもありますが、出来れば用意しておきたいところです。

そして、新生活スタートに当たっての新居の費用。

保証金や家具などを揃えるお金、そして、引っ越し費用など。

これもかかりますね。

これ以外にも結納などをちゃんとやる場合はそこも考えないといけませんし、結納をしない場合も親族の顔合わせ食事会などがあります。

もう大人ですから、ご両親に甘えてというのは出来たら避けたいところですが・・

どちらにしてもお金はかかるということです。

でも、お金がないから、貯金がたまってから・・

これも考えものです、そのせいでタイミングを逃すのも・・

ということです。

結婚ってあとで振り返ると、偶然と奇跡のご縁ですから。

どちらにしても結婚の話がすすみ、一方は貯金しているけど、一方はゼロ、この場合は貯金をしている側からするとちょっと・・

と思うかもしれません。

特にそれが男性の場合だと・・

女性の場合も、年齢がある程度大人の場合は、なぜ貯金してこなかったのか・・

そういう部分が不安になる可能性も。

今貯金がない。

そういう方はまずはすぐに貯金をはじめましょう。

コツは簡単です、給与が振り込まれたら、一定の割合、2割とか3割とかを口座から降ろして、絶対にさわれない、触らない方法でどけておく。

定期預金でもかまいませんし、別口座でもかまいません。

すると絶対にできます。

最初から無いと思うわけです。

すると結婚の時に、仮に貯金が少なかったとしても、今まであまり貯金できていなかったけど、結婚を目指して貯金を初めてますと言えば、相手からすると随分安心感が。

今からでも遅くはありませんから、ご安心を。

なんとかなります、がんばりましょう!!

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示