• みらい結婚コンシェル 代表 田井和男

婚活中、お相手への思いを伝えるのが苦手・・

みなんさこんにちは(^^)

最近は寒くなってきましたね。

すっかり冬っぽくなってきました。

さて、今日のお話しは、相手に自分の想いを伝えるということについて。

これに関しては苦手な人が多いと思います。

自分では伝えているつもりでも、相手には伝わっていない・・

日々カウンセラーとして会員様のサポートをしていると、ここでつまづいていらっしゃる方がすごく多いと感じます。

日本人は特に不器用でシャイですから、はっきりと好きとか、あなたが大切ですとか、愛してますとか伝えるのって難しいですよね。

若いときはまだしも、大人になると余計そうかもしれません。

でも伝えないと先に進みませんから、どこかで、お相手に勇気を振り絞って伝えます。

でもこれが、オブラートにつつみ気味だったりして、お相手には届いていない。

こんなケースがすごく多いです。

ではどうやって伝えたらよいか?

一番良くないのは伝えないことです。

でも、実際本人を目の前にすると、照れたり、緊張したりして言えない。

若い人の恋愛ではなく、婚活の場合は、好きとか愛してるとかいう必要はありません。

大事なのは結婚相手として本気で考えています。

あなたを大切に考えています。

それを伝えることです。

婚活中の場合は、みなさん多少なりとも焦りがあります。

もし自分が選ばれないのなら、ほかの人を探そうかとも思っています。

ですから、出来るだけ早い時点で安心させてあげることが大事。

とすると、もし対面で言えないなら、手紙やラインでいうと言うのも一つです。

できれば手紙の方がよいでしょう。

そのほうが思いや本気さが伝わりますから。

それもどうしても苦手だと言う方は、最悪ラインでもかまいません。

とにかく自分の思いを伝えるのが大事。

お相手が知りたいのは、自分のことを大切に思ってくれているかどうかですから。

もちろん、できることなら対面で顔を見て言った方がいいです。

不安なら、手紙も一応用意しておく。

そして、実際言えなかったり、うまく伝わらなかったと思ったなら、

帰り際に手紙も渡す。

これならいかがでしょうか? あなたを大切に思っています。

結婚するならあなただと思っています。

はっきりと伝える。

少し勇気を振り絞ってみてくださいね!

みらい結婚コンシェル 田井

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示