結婚相手としては間違いなく良い人だけど、ドキドキしない・・こんな時どうすれば?

タイトルのようなこと、皆さんもきっと婚活の中で経験するのでは?
 

これは恋愛と結婚のジレンマです。

 

結婚相手として良い人とは?
 

裏切らない。

 

信頼できる。

 

経済観念がしっかりしている。

やさしい。

 

親も大事にしてくれる。

 

理解しあえる。

 

仕事や生き方に理解を示してくれる。

 

いつも笑顔でいてくれる。

 

前向きで明るい。

 

だいたい男女とも、そして万人こんな感じではないでしょうか?

 

さて、恋愛として良い人は?

 

一緒にいてドキドキできる。

 

見た目が良い。

 

しゃべりがうまい。

 

いいお店を知っている。

 

刺激がある。
 

そんな感じではないでしょうか?

 

ドキドキとは、うまくいくかどうかわからない、先が見えない、もしかしたら不安かも・・

 

そういう不安定さから生まれるものです。

 

こんなことありませんか?

大好きで、追いかけて、付き合うことになった。

 

そしたら相手が自分を好きになって、すごく追われる側になった。

 

すると、なぜか冷めてしまった。

 

この心理がそれです。

 

つまり、恋愛にとって良い人と結婚にとって良い人は反対だったりします。

 

だから恋愛基準で結婚しようとすると中々うまくいかないわけです。

 

この心理に気づけば、冷静に結婚に向って進めます。

 

いかがですか?

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ