忙しくてついつい結婚を考えずにきてしまいました・・ってどうなの?

男女とも多いのが、忙しすぎて婚期を遅らせてしまいました・・

と言う人。

 

まぁー、私もその一人なので気持ちはすごくわかります。

 

男性の場合は、焦りは女性ほど大きくはありません。

 

そもそも結婚を真剣に考えるのも遅くなりがち。

 

別に40歳すぎてからでもいいやー。

 

みたいになりがちです。

 

出産がないですからね、男性の場合。

 

男性の場合は、どちらかというと、一人が楽だなー、

まだ先でいいやー。

 

そんな感じだと思います。

 

忙しくたって本気なら時間つくりますしね。

 

女性の場合はちょっと違う気がします。

 

本当に忙しくしている、プライベートでも色々とやったりして。

 

真面目で、大人の女性の場合、さらに独身の場合、頼まれたら

頼られたことがうれしくて、どんどん引き受けてしまう。

 

キャパオーバー気味に。

 

それでも頼まれるのが嬉しいから・・

 

そして、スケジュール帳は数か月先まで埋まってしまう。

 

そうなると当然婚活する時間もない。

 

でもこの状態って、忙しくて考える時間もないから、

ある意味充実とも考えられるわけです。

 

でもちょっと充実と違うのは、ようは考える時間がないから、

悩まなくて済んでいるということで、あるいみ逃げのようなもの。

 

しっかりと現実に向き合って、物事を判断しないわけです。

 

女性の場合は男性と違って大きなリスクがあります。

 

出産です。

 

35才を過ぎるとハードになってきますから。

 

ですから、男女はちょっと違います。

 

さて、40歳を過ぎて、結婚相談所にカウンセリングにこられる女性の方は、

だいたいハードワーカー。

 

もしくは趣味や、ボランティアなどを精力的にやっていて、

時間の無い方。

 

ここで、今は忙しいからと先延ばしにすると、実は先はもっと忙しくなる。

 

こういう方は、どちらかというと自ら忙しくしているわけです。

 

だって、仕事以外は辞めたっていいわけですから。

 

ここで大事なのは立ち止まって優先順を考えることです。

 

人生は限られた時間。

 

当然どんどん年もとっていきます。

 

でも年を取ってからがこれからの世の中は長いわけです。

 

そうなると今何を優先すべきか?
 

目先の趣味や与えられた役割、それは大事でしょう。

 

でも自分の家族を持つ事。

 

定年した後に一人ぼっちでいいのか?

 

そう思うと優先順はわかりますね。

 

今はいいんです、今は。

 

でも必ず年を取ります。

 

そこからのほうが人生長い。

 

だから少しでいいので立ち止まって、現実を直視する。

 

そして、今に生きることももちろん大事ですが、

少し先を考えてみる。

 

未来計画を立ててみる。

 

未来に悲観的になるのはよくないですよ。

 

そうではなくて、自分のワクワクする未来を描いてみる。

 

こんな未来だったら幸せだなー。

 

そう思えるような。

 

そうしたら、その為に行動できることは?
 

と考えてみると、意外とそれは難しいことではなかったり。

 

週に一度でいいですから、少し未来の自分と会話してみませんか?

 

 

みらい結婚コンシェル 田井

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ